☆Review☆


○FOOL'S MATE / kazumi.K
実に久々に聴いたdibsの最新音源は、
3年程前に聴いたサウンドとは明らかに異なる触感を持っていた。
それはメンバー・チェンジによる音の変化というよりは、
利華自身のマインドが進化したせいではないかと思う。
3ピースとは思えないこれまで以上に骨太なサウンドと、
これまでにはなかった繊細な一面をも顕著にした歌詞、
その一音一句はこの上なくカッコ良く、彼らのスタンスをストレートに伝えてくる。
何かを覚醒させるかのように唱えられる言葉と絶叫、それを支える強固かつ柔軟なリズム。
もはやカテゴライズ不要のオリジナリティを備えたサウンドは、まさに圧巻!
  『M』と『S』はMonophonicとSymphonic、あるいはMoonとSun。
相対する位置にありながら、切り離せない関係性にあるこの2作を聴いて、
dibsの核心に触れて欲しい。


BACK