☆Review☆


○DIMENSION kagurazaka/teruki.K
2年6ヶ月振りの音源がmini ALBUMを2枚(厳密に言うと3枚)同時リリースって、
色んな意味でdibsが規格外な感じを改めて思い知らされてる。
今回の全国流通版『M』と、ライブ会場とdibsのH.P.のみで販売される『S』。
両作品とも選ばれている曲が憎らしい。
どちらにもライブでの定番曲が別々に入っているし、新曲も入っている。
まぁ、「どっちも聴きなさい」って言う分かりやすい理由だと思うし、
両作品を聴く事で、今のdibsがハッキリ見えてくる。
CDとしてある程度音が洗練されている部分は有るのだけれども、
2枚ともdibs全開なのが凄く楽しいし嬉しい。
ライブで聴かせてくれているあの高揚感がCDになっても全く衰えていないのだ。
ギターは爆音だし、リズムはうねってるし、矢継ぎ早に叩き付ける様に曲が展開していく。
とにかくRockしてる!そして、CDとして改めて聴くと、
メロディーがとてもキレイに作られているのが良く分かる。
CD2枚と、DVD1枚で\4,000。これを今の時代高いと感じるか安いと感じるかは別として、
手に入れて損が無い事は確かだと思う!!



BACK